冬にも美白対策は必要?最適な美白ケア方法は?

夏の間は日焼け止めを塗ったり、美白化粧品でケアしたりと美白ケアに励んでいた人は多いのではないでしょうか。

美白ケアといえば、夏のイメージですが冬にも必要なのでしょうか。

冬の時期にも美白ケアは必要なのか、冬の最適な美白ケア方法などを調べました。

1. 冬は美白のチャンス

風がひんやりとしてきて、もう美白ケアは終わりでいいかな、と油断していませんか?夏の美白ケアは降り注ぐ大量の紫外線から肌を守る「守り」の美白です。

肌を白くするというよりも、なんとか肌にダメージを残さないためのケアでした。しかし、紫外線が弱くなる今こそ美白ケアを「攻め」に変えるチャンスです。

夏に受けたダメージをリセットしつつ、より白い肌へと導くことができます。お肌を白くしたいなら、冬こそ美白のチャンスと心得てください。

2. 冬美白ポイント 保湿

冷えが万病の元であるように、乾燥はお肌にとってすべてのトラブルの元と言っても過言ではありません。

保湿が十分でないお肌にいくら良い美白美容液を塗っても効果がありません。

しっかりと保湿系化粧品でお肌に潤いを与えて、美白化粧品が機能するお肌の環境に整えましょう。

潤いのあるお肌に美白化粧品を使用してこそ、効果があるのです。

3. 冬美白ポイント ターンオーバー

ターンオーバーは肌に蓄積したメラニンを排除する大切な機能です。

乾燥したり、血行が不十分な場合はこのターンオーバーがうまく行われず、せっかく紫外線の少ない冬なのに美白が進まないケースがあります。

半身浴などでしっかりと身体を温め、乾燥対策の保湿化粧品でお肌に潤いを与えることが重要です。ほかにも、生姜など身体を温める食べ物を積極的にとるなどしてターンオーバーが正常に機能するお肌に変えていきましょう。

22時から2時のゴールデンタイムにしっかりと睡眠をとることも重要です。身体の代謝をアップすることで、お肌もターンオーバーしてメラニンを排出できる肌環境を目指しましょう。

4. 冬美白ポイント UVケア

夏が終わったら日焼け止めはいらないと思っている人が多いのではないでしょうか。

夏に比べれば紫外線量は減りますが、ゼロになるわけではありません。「攻め」の美白ケアをしたいのなら冬でもUVケアは必要です。

メラニンの生成をできる限り減らして、ターンオーバーでメラニンの排出が進むようにすれば今までと違った美白肌へ導くことができます

ですので、冬でもメイクのときはもちろん、メイク直しのときにもUVクリームを塗りなおしましょう。

もしもウィンタースポーツへ行くときは、真夏並みのUVケアを忘れないでください。雪の反射で増幅した紫外線は冬でも真夏並みにお肌にダメージを与えてしまいます。

5.まとめ

冬の美白の大切さとそのケア方法でした。

ポイントをまとめると、

・しっかりと保湿をして肌の機能や美白化粧品が正常に働くようにしておくこと。
・血行を良くしてターンオーバーでメラニンを排出すること。
・冬でもしっかりとUVケアをしてメラニンを作らないこと。

が冬の美白の大事なケアポイントでした。

冬でもきちんと美白ケアすることで、今までとは違った一段白い美白肌を手に入れることができます。特に保湿に気を付けて代謝をアップし、攻めの美白ケアをお試しくださいね。

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ