ドラゴンボール超のゴクウブラックの正体とは?ネタバレ予想と結果!

 

5月9日・悟空の日に、ドラゴンボール超の新章に関わる情報が公開されました!

そこで新たな敵キャラとして存在が明かされたのが”ゴクウブラック”

今回はこのゴクウブラックの正体について考察、ネタバレ予想してまいりたいと思います!

本編公開後で正体が明かされ次第、結果についても紹介させて頂きますね!

ドラゴンボール超の新敵キャラはゴクウブラック!正体をネタバレ予想!

ゴクウブラックは6月12日から始まる”未来トランクス編”で新しく登場する敵キャラです。

セルや人造人間を倒して、平和な世界を取り戻したトランクスがこのゴクウブラックに追い詰められて現代に助けを求めに来るという内容まで現在では明かされております。

そんな新たな敵キャラ”ゴクウブラック”の正体についてネタバレ予想してまいりますね!

 

ゴクウブラックをそのまま解釈すると“黒い悟空”となり、悪の心を持った悟空って感じがしますね。

なので今回はゴクウブラックと悟空には相関関係があるという前提で話を進めていきたいと思います。

 

しかし未来トランクスがいるパラレルワールドでは、悟空は既に故人となっています。

じゃあこの”黒い悟空”はどこから現れたのでしょうか?

予想1:第六宇宙の悟空に当たるサイヤ人が、何らかの理由で悪に染まった説

第七宇宙の悟空は、地球に送り込まれた時に頭を打った影響でサイヤ人の悪の心を忘れ、穏やかになりました。

じゃあ逆に第六宇宙では悟空に当たるサイヤ人は、何らかの理由で悪の心を持ってしまっているんじゃないでしょうか?

(※第六宇宙のサイヤ人は同じ戦闘民族でも、星を侵略する悪では無く、雇われて悪人を倒す正義という立場)

第六宇宙と第七宇宙が対を成す存在なのであれば、悪に成長した悟空的な存在がいても不思議ではないです。

 

ただゴクウブラックがサイヤ人だとしたら、野菜から名前を取っている感じがしないと言う点が腑に落ちないですね。

予想2:ゴクウブラックは第六宇宙の地球のセル的な存在説

ゴクウブラックという名前って普通に考えたら変じゃないですか?

どこかの星の民族の間で生まれて自然に付けられた名前というより、人工的に作られた生物が付けられた名前って感じですよね。

 

未来トランクスって人造人間とか、セルとか人工的に作られた存在と戦うキャラというイメージがあるので、このゴクウブラックも人工的に作られた存在なんじゃないでしょうか?

未来トランクスがいるパラレルワールドでも第六宇宙の地球が復活していて、その地球のドクターゲロ的な存在が、セルよりもヤバい人造人間を生み出したのかもしれません。

それこそ色んなタイムマシンで色んな世界線に行きまくり、最強の細胞を集めたとか。

 

あくまで妄想による考察になりますが、宜しければ皆さんの予想もコメント欄からお聞かせ願えたらと思います!

ゴクウブラックの正体をネタバレ!

正体が分かり次第更新いたします…

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ