ドラマ『精霊の守り人』1話について原作との違いを比較してみる!

 

『精霊の守り人』をドラマと原作の違いを比較検討していきたいと思います!

今回は第1話についてです!

果たしてどのような改変があったのでしょうか?

早速見てまいりましょう!

※ネタバレ注意です

ドラマ『精霊の守り人』1話の原作との違いとは?

精霊の守り人 ドラマ 原作 違い

原作1巻を読んだだけなので、浅い話になるかもしれませんが、ご勘弁下さい!w

キャラクターの違い

大きく原作のキャラとイメージが違ったと思ったのは“星読博士シュガ”“ニノ妃”“聖導師”“サヤ”ですね。

一人ひとり見ていきましょうか!

※あくまで管理人の主観ですので!

星読博士:冷静沈着で知的で慎重で、三国志で言うと周瑜的な人物をイメージしてたところに、思ったよりかわいらしく、ドジな感じのシュガが出てきたのでちょっと自分の中で違和感がありましたw

ニノ妃と聖導師:この2人に関しては、キャラというより関係ですかね?あのような怪しい関係は原作では無かったと思います。
またニノ妃は原作よりも妖艶な感じで、聖導師に全く星読最高位の人としての威厳が無いという印象でしたw

サヤ:原作ではかなり無口な設定だったけど、ドラマでは割りとよく喋ってたなぁという感じでした。

※帝に関しては1巻で出てこないのでまだ分かりません。ただ藤原竜也さんが出てくると、何か藤原竜也さんになっちゃうなというのが最近の気持ちですw

あとバルサは話す相手によってもっと口調が変わるイメージがあったかな?ニノ妃とのセリフはかなり丁寧な言葉だったような~

内容の違い

ドラマ1話は、原作1巻「精霊の守り人」でいうところの、第1章”皇子の身体に宿ったもの”5部”逃げるもの追うもの”の途中あたりですね。

最初の全4回でおそらく原作1巻をやるんじゃないでしょうか?

大きな違い1:最初、バルサがチャグムを助けた後のくだり

原作:チャグムを助ける→二ノ妃にもてなしを受ける→用心棒を頼まれる

ドラマ:チャグムを助ける→狩人に気絶させられ、牢獄に捉えられる→処刑待ちのところをニノ妃の図らいで、釈放される→もてなしを受ける→用心棒を頼まれる

最終的に行き着くところは同じなのですが、バルサがニノ妃に用心棒を頼まれる時のセリフ「これは卑怯な仕打ちでしょう」の言葉の重みが違ってくるような気がします。

 

原作では、チャグムを助ける→もてなしを断ったら結果処刑→用心棒を断ったら結果処刑、用心棒を受けても命が助かる可能性は0に近い。

という流れがあったので、選択肢を与えているようで与えていないという王宮の傲慢さが伝わってきます。

 

ドラマでは王宮の傲慢さというより、チャグムへの陰謀がバレたからという面が際立っています。

またドラマの場合、ニノ妃はバルサにとって命の恩人という立場にもなってしまいます。

 

まぁバルサから見れば王宮側というひと纏まりで卑怯ということには変わりないのかもしれませんが。

 

何が言いたかったというと、一度捕まるという過程が入ることで「卑怯者!」というセリフの重みが変わってしまったのかなと個人的に思っただけです。

大きな違い2:ジグロとの回想シーンが最初からかなり多く入っている。

これに関しては、かつてのジグロとバルサ、今のバルサとチャグムとの関係がいい感じで対比されていて素晴らしい演出になっていたと感じています。

どちらも王宮の陰謀で、国王に命を狙われて王宮を脱出することになったという境遇は同じですからね~。

その他違い

  1. 帝が表立って出ている。
  2. サラを狙っていた輩の設定

    ドラマ:ガルシンバという奴隷狩人。
    原作:街を仕切っているガイという悪党の手下。

    立場的には同じなのかな?

  3. ドラマではシュガが積極的にトロガイに会いに行動している。
    原作では聖導師が狩人を放ってトロガイの命を狙っている。

多分まだあると思うんですが、気付き次第追記していきたいと思います!

また「ここがこうだよ!」という意見もドシドシお待ちしております!

Sponsored Link

6 Responses to “ドラマ『精霊の守り人』1話について原作との違いを比較してみる!”

  1. えり より:

    原作全部読みました。

    原作のバルサは切れ者で、強い女性、なので捕まるようなことはしない気もします。
    また、バルサは子供のときから立場が裏、表社会問わず上の人とも接してきたので敬語を使ったり、立場をわきまえられるはず…そこが個人的に違和感を感じました。

    また帝がわかりやすい悪として絵描かれすぎですね。
    原作では聖導師が腹黒で帝を手のひらでころころしているのですが、立場が逆転してる気が…。

    • haruzion より:

      えり様
      コメントありがとございます!
      まだ一巻しか読んでいない未熟者ですので、非常に参考になります!

      >原作のバルサは切れ者で、強い女性、なので捕まるようなことはしない気もします。
      育ちの背景としてある王宮に対しての不信感、警戒心の強さや後のモン達狩人との戦いっぷりを考えると、あのような捕まり方はちょっと不自然さを感じますよね~。
      流石に皇子を助けて捕まるとは思ってなかったという油断も無くはないですが、そうすると”チャグムの事故が王宮の陰謀と気付いていた”というのと辻褄があわない気もしますし。

      >また、バルサは子供のときから立場が裏、表社会問わず上の人とも接してきたので敬語を使ったり、立場をわきまえられるはず…そこが個人的に違和感を感じました。
      この辺が”蓮っ葉口調”と言われる原因なのかも知れませんね。
      原作では御飯を振る舞ってもらった時の侍従長や、ニノ妃への丁寧な言葉遣いが印象的で、そういった武人的な礼儀の心得も持つバルサの人物像がブレてしまうように感じました。
      捕まるという改変を入れることで出せなくなったのかもしれませんが…

      >また帝がわかりやすい悪として絵描かれすぎですね。
      原作では聖導師が腹黒で帝を手のひらでころころしているのですが、立場が逆転してる気が…。
      そうなのですか!
      原作1巻では、まだそのような腹黒な印象を聖導師に受けなかったので、これからどんどんそういった面が見えてくるのでしょうか?
      でも確かに設定上では、聖導師は帝の意向も決定出来る権力を持っているので、ドラマ上の2人の立場には違和感がありますね!
      また帝は帝としての立場とチャグムへの愛情の葛藤で苦しむシーンがあったので、あんな悪の親玉のような印象は無かったですw

  2. さち より:

    はじめまして。
    1巻しか読んでいないとのことですが、
    とても丁寧にまとめて下さってて(*^^*)

    個人的な意見ですが……。
    原作のニノ妃とバルサの場面て重要(個人的に好き)だと思うんですよね。
    あそこだけでバルサの経験値、観察力、判断力、いろんなものが滲み出てると思うのです。
    確かにバルサは強いし王族に対して畏れ敬う気持ちは持っていないけれど、
    かと言って粗暴で野蛮な人間じゃないはずなんです。
    あのニノ妃との場面をうまく使えば、
    いろんなことも説明する場面にできたんじゃなかろうか?とおもいます。

    そして聖導師とニノ妃のあのシーンはいったい…!
    原作ではガカイにチャグムは本当に帝の子かと問われたことを
    怒りに打ち震えながら打ち明けるシーンがありますよね。
    なんかちがーーう、と思わずにいられなかったのですが、
    今後原作と違った重要な展開を見せるのでしょうか……。
    じゃないのなら、バルサとニノ妃の場面をもっと丁寧に描いて欲しかったと思うのです。

    あと、夏至祭りで帝が民衆の前に立つときに目を隠すための薄布をつけていませんでしたよね…?身分の低いものが直接帝の目をみたら、目がつぶれると言われている設定自体があったでしょうか…。見落としでしたらごめんなさい。
    あれは小さな設定かもしれませんがこの先も精霊〜以降の話でちょいちょい登場してきますし、最後の方でもけっこう大事なエッセンスというかポジションというか、わりと大切な設定…のはず…。

    細かく考えるといろいろあるのですが、
    原作者の上橋菜穂子さんが、各国の言語に翻訳された守り人の本を見ながら、それぞれの国々でイメージが違っていて、表紙に謎の、こんなのでてくるっけ?みたいな鬼?みたいなものが描かれているのも、ニコニコと、ね〜いろいろあって面白いわね〜ふふふ。ぐらいな感想をおっしゃってたので、それぞれの読み手の感じ方を受け止めてくれるゆったりとした方なんだなぁと感じています。

    長くなってすみません。
    思うところはありますが、この先も見ますよ〜。
    原作の方も後半の迫力はすごいですから、
    是非読んでみてくださいね(*˘︶˘*).。.:*♡

    • haruzion より:

      さち様
      はじめまして!
      コメントありがとうございます!

      バルサとニノ妃のシーンは私も好きですね~!
      あのシーンで物語に惹き込まれた方は多いのではないかと思います。
      だからこそ、下手に改変はして欲しくなかったですよね~。

      特に二ノ妃と聖導師の怪しい関係は作品そのもの色を変えてしまうような危険性も感じました。

      またおっしゃる通り、その影響もあってバルサが只の粗暴な人間のような印象の人物になってしまったのかなと。

      >あと、夏至祭りで帝が民衆の前に立つときに目を隠すための薄布をつけていませんでしたよね…?
      身分の低いものが直接帝の目をみたら、目がつぶれると言われている設定自体があったでしょうか…。見落としでしたらごめんなさい。
      そこには気付きませんでした…
      ありがとうございます!
      そもそも帝が表立って出ている時点でそのような設定は抜け落ちてそうですねw
      私自身もそこまでこの設定を気にしてなかったのですが、結構キーになる設定なのですね!
      その辺も意識しながら読み進めていきたいと思います。

      >長くなってすみません。
      いえいえ、むしろ大歓迎なので、どんどん意見下さい!
      同じ作品でも見る人によって捉え方は違い、新たな発見があって面白いです!
      2話以降も感想の述べたり、原作と比較していきたいと思いますので、よろしければまた読んで下さい!

      • さち より:

        お返事ありがとうございます。
        薄布については、どうしてもなければいけない設定ではないのかもしれません。
        でも原作との違いという視点でみたら、違いは違いにかわりにいかな(^_^;)

        前半の宮の場面では違和感を感じることも多く、
        ハラハラしながら?みていましたが、
        扇の下に降りてからは、わりとすんなり見られました。
        私のような原作ファンはついつい設定変更に敏感になってしまいますが、あまりピリピリせずに楽しんで見ていきたいとおもいます。

        聖導師様いろいろうろたえないでっ威厳と風格!影の最高権力者ー!
        帝、その水晶玉…なにーーー。その部屋なんか変だよーー。
        ………脳内はこんなんですけどね。
        また遊びに来ますね(*^^*)

        • haruzion より:

          原作の実写化はどうしても色々考えながら見てしまいますよね~!

          1話は2回観たんですが、2回目に見るとあの水晶のシーンかなり笑えてきますよw

          是非是非また遊びに来てください!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ