[ 下克上受験] 第8話 金曜22:00~23:00 TBS系列

「3歩進んで2歩下がりながら、受験へ向けてひたすら進む」

 

 

 

香織の偏差値が激下がり

 

全国模試で、受験勉強を始めた時よりも偏差値が下がってしまった香織(山田美紅羽)。 その結果を見て慎一(阿部サダヲ)は絶望してしまう。 そりゃそうだ・・・。 仕事も辞め、寝る間も惜しんで毎日毎日勉強し、中学受験だけにその力を注いでいたのに・・・。 目指している桜葉中の偏差値は76。

 

頑張っても頑張っても一向に見えてこないゴールに、 次第にみんな疲れてきてしまったのだ。 でも、もちろん一番ショックを受けているのは香織自身で、 自信を喪失してしまう。

 

一夫の自殺未遂

 

中学受験にかかる金を工面するために、自分の土地と家を売ろうとしていた一夫(小林薫)。 しかし、土地の関係で売る事ができなかった。 生命保険でお金を得るために自殺を図る・・・。 幸いにも香夏子(深田恭子)がちょうどよく訪ねてきて止めることができたため、未遂で終わるけれど。

 

慎一と香夏子は「そんなことをするなんて!!」と激怒するが、 香織はさらに追い詰められてしまう。 自分のせいで父は胃潰瘍で入院し、祖父は自殺しようとした。 それなのに自分の成績は一向に上がらない。 ライバルの真里亞との差も開くばかりだ。

 

香織の感情が爆発

 

ついに、感情が爆発した香織は 「もう受験なんてやめる!!」と慎一に言い放ち、去ろうとする。 けれど慎一は諦めない。 「逃げるのか!?香織の弱虫!」 と叫ぶ慎一に、悔しさが募って 「香織弱虫じゃない!!!」 と、わぁわぁ泣き叫んだ。

 

それでもただただ進むだけだ

 

目標に向かって進む時に、階段のように少しでも上に上がっていってくれればいいのに、残念ながらそうじゃない。 下り坂も落とし穴もたくさんある。 けれどそれでも、また立ち上がって、一歩一歩進んで行くしかない。

 

まだゴールは見えなくて、 でも近づいているはずだ、ということを信じてただただ進む。 もう前へ進んでいるのかすらわからないけれど。 それでも、父と母と祖父とライバルと共に、進むしかないのだ。

 

受験まで、あともうわずかだ。

 

 

たがみゆうこ

見逃しちゃったなら!→u-next

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ