[ 下克上受験] 第9話 金曜22:00~23:00 TBS系列

「とうとう受験の日がやってきた・・・!」

 

 

 

受験する前より偏差値が下がった香織(山田美紅羽)。

けれどその後も父・慎一(阿部サダヲ)と勉強を続け、偏差値は62に。 (最初と比べて20上がってる。しかも塾ナシ)

 

受験日までとうとうあと1ヶ月を切り、周りも落ち着かない。

 

わたしは高校と大学受験の経験しかないけれど、 受験直前って色々なことをぐるぐるととりとめもなく考えちゃう。

落ちたらどうしようっていうプレッシャーに心がやられる。

 

しかも、香織の場合は友達みんなは受験しない。

 

「落ちたら格好悪い」という不安

 

受験する人が圧倒的に少数派で、勉強のためにずっと学校を休んでいる。

それなのにもし落ちたりなんかしたら、絶対に馬鹿にされてしまう。

そう考えるのも無理ない。

 

勉強も手につかなくなっていた香織をケアしたのは、母・香夏子(深田恭子)だった。

 

「もし落ちたら、絶対みんなに笑われる!」という香織を 「そんなことないよ。」と、学校まで連れて行く。

そこにいたのは、外で卒業制作をしているクラスメイトだった。

 

担任の小山(小芝風花)と香夏子が連携して、取りはからったことだったのだけど、友達に応援してもらえたことで、香織の不安は解消する。

 

難しすぎる志望校

 

香織が目指している桜葉学園は、富士山のような学校なのだ。

誰もが知っている日本で一番高い山。

 

香織は他の私立を受けることもせず、そのトップの学校を単願で受験する。

 

今まで応援してきた楢崎(風間俊介)もこれには反対で、 他にもいい学校はたくさんあるし、なにも桜葉だけが全てではない。

もう少しレベルを下げるべきだ、と進言する。

 

それでも、慎一の気持ちは変わらない。

 

「日本で二番目の山は?」と聞かれた時に、大抵の人が答えられないし、何メートルだから二番目なんだよ、と説明しなくてはいけない。(ちなみに北岳) 慎一が求めているのは、「この学校出身だ」と一言言えば誰もがわかる学歴なのだ。

 

正しいか正しくないかは置いておいて、それは、今まで働いてきた慎一が、嫌と言うほど思い知ったことなのだろうと思う。

 

そして、受験当日

 

とうとうやってきた受験当日。 中学受験をすると決意し、その日から始まった受験勉強。 慎一は仕事をやめ、逆に香夏子は働きだし、様々な状況が一変した。 誰もが悩み、葛藤し、支え合って、受験勉強を続けてきた。

 

「これだけやった」 と堂々と言えるところまで来ることができたのだ。 試験を終えて、香織は 「やりきった」と笑顔で答える。

 

元アイドルグループのリーダーが言う、 「努力は必ず報われる」 ということを見せてほしいなと思う。 ここまでやってきた、その努力や思いで合否が決まれば絶対受かるのに。 努力や思いは報われるのだろうか。

 

結果は、来週だ。

 

 

たがみゆうこ

見逃しちゃったなら!→u-next

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ