はるかぜちゃんの現在がかわいい!【画像】芸能界引退の理由は?

元?子役のはるかぜちゃんこと春名風花さんが、ツイッターに復帰したことで話題となっています。

このはるかぜちゃんのことを詳しく知っている訳ではないのですが、ゴッドタンの”小沢のマジ嫌い”に出てたインパクトが強すぎて「あっもしかしてゴッドタンのあのコか!」と反応しちゃいました。

それでふと気になって現在の画像を調べると「えっ?こんなにかわいかったけ?」と失礼ながら思ってしまいました。。。

 

つくづく子供の成長には驚かされますね!

ということで、現在のはるかぜちゃんの成長っぷりが分かるとってもかわいい画像を集めてみました。

 

またはるかぜちゃんがツイッターで「一般の女の子になりました」とあり、芸能界を引退されたようなんですが、理由は何なんでしょうか?

※一時のフリー期間を経て、再度芸能界に復帰されました。

--Sponsored Link--

 

はるかぜちゃんの現在が可愛すぎる【画像】

正直、ゴッドタンの印象しかなかったのではるかぜちゃんに対して”かわいい”と言ったイメージは全く無かったんですよね~。

どっちかというと”面白い”とか”肝が座っている”とかそんな感じの印象でした。

しかし15歳になられたその姿を見て、一瞬惚れそうになっちゃいました!というか惚れました。。。

 

何度もしつこく失礼ですが、「これが本当にあのはるかぜちゃん?」という感じです!

 

心を一気に鷲掴みにされる、はるかぜちゃんの現在のかわいすぎる画像をどうぞ御覧ください。

最初に目を疑って、この記事を書くきっかけとなった画像。

こんなかわいい15歳は知らない。。。

誰だねチミは?

少なくとも私の知っているはるかぜちゃんではない!

 

可愛すぎますぜ!

一緒にイルミネーション見に行って下さい!

でもブログの記事の内容ははるかぜちゃんらしかった(咲)

これが14歳…だと…

色々と大人っぽすぎるんじゃ…

可憐すぎる…

 

でもはるかぜちゃんって本当にしっかりしてるんですよね~。

ふわふわ感のあるこの画像とそのギャップがまた良い!

そんな表情で見つめられたら。。。

でもツイッターでこのやり取りを見た時は、はるかぜちゃんらしさを感じてホッとしました笑

 

ちなみにゴッドタンでのイメージはこんな感じ▼

ゴッドタン出演時のはるかぜちゃんはこちら

このイメージのままだとびっくりすることは分かって頂けたでしょうか。

なぜはるかぜちゃんは芸能界を引退したのかの理由

「一般人の女の子になりました」とあるので、芸能界からは間違いなく引退されたのだと思います。

理由は推測になりますが、やはり“世間の激しい叩き”かなと思います。

ツイッターを一時期やめていた理由もそのようですし…

 

この発言を見ると、どうも心がキュッとなってしまいます▼

ぼくは根暗で、人見知りで、プライドも高くて、正直、バラエティでみんなとワイワイやるのは苦手です(ω)じぶんの演技を笑いに変えるのも、苦手です(ω)だから、どんな意味不明な設定やおかしなセリフでも、全力でただ、くそまじめに演技してきました(ω)自動販売機になったり・・・

引用元:https://twitter.com/harukazechan?lang=ja&lang=ja

表面上は強いように見えても、やっぱり裏ではかなり苦しんでいたんじゃないかなと思います。

ネット上の言葉の暴力は本当に恐ろしいですよね…

 

でも芝居自体は続けるみたいですよ~。

お芝居で非芸能人ということを考えると、どこかの劇団へ入団ということが考えられますが、どうなんでしょう?

「こどものおもちゃ」の舞台化で夢を成し遂げられなかったことは非常に残念ですが、はるかぜちゃんならきっともっと偉大なることを成し遂げられるでしょう。

 

一般人になったことへの世間の反応の凄さがそれを物語ってると思います。

春から何かあたらしいことが始まるのでしょうか?

「みんなで・・・」とか色々気になることをおっしゃっていますが、楽しみに待ちましょう!

 

【追記】

2016年2月29日に、ワタナベエンターテインメントを脱退し、少しの間のフリー期間を経た後、4月30日に芸能事務所・プロダクションエースに所属されました。

プロダクション・エースは、声優タレント・声優ヴォーカリストを
中心とした声優タレントプロダクションです。

引用元:http://www.production-ace.co.jp/entry/より

声優育成メインの芸能事務所ということで、移籍前もはるかぜちゃんは声優の仕事をいくつかされていましたが、これから本格的に声優を目指していくようですね。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ