【女囚セブン】第1話 金曜 23:15~ テレビ朝日系列

ゆるすぎる女性刑務所

ピンクの制服に身を包み、笑顔でソフトボールに興じる女性囚人たち。

 

塀を低くしてもここで脱走は起こらないと演説する法務大臣・内藤裕次郎(高嶋政伸)。

しかし「花園女子刑務所」ではサイレンが響き渡る。

 

「野獣」と呼ばれる受刑者・山川まお(山崎静代)が脱走を企てたのだ。

 

山川まおが塀を飛び降りると、そこには殺人の罪で新たに花園女子刑務所に収監される元芸妓の神渡琴音(剛力彩芽)を乗せた護送車が通りかかり、山川と衝突してしまう。

 

琴音が案内された共同室のメンバーは、夫殺しの元ヤン市川沙羅(トリンドル玲奈)、遺産目当ての後妻業津田桜子(平岩紙)、全身整形の元看護師矢島千鶴(橋本マナミ)、老老介護の末に夫を殺した平塚うめ(木野花)、謎多き政治秘書楠瀬司(山口紗弥香)と個性豊かな面々。

 

また刑務所ナンバーワンの情報屋、橋本奈津(安達祐実)は新入りということでいじめを受ける琴音を助けてくれるように見えるが…。

 

脱走が失敗し懲罰房に入れられていた山川は、琴音を逆恨みし襲い掛かる。

 

山川を倒したあと、奈津が志願囚であると見抜いた琴音。

 

そして、自分も志願囚のようなものと言った琴音の真意とは?

 

想像していたよりコメディ要素が多いドラマでした。

女同士のドロドロを期待していましたが、残念ながらそういうドラマではなさそうです。

 

舞台が刑務所といえどありえないほどにゆるい感じなので、誰でも楽しんで見られるドラマだと思います。

 

7人の囚人たちは個性に富んでいますが、中でもトリンドル玲奈ちゃんのヤンキー演技がはまっていると思います。

 

あとは橋本マナミさんの自意識過剰な全身整形美女役も、大河に出演したギャップを楽しめると思います。

 

ドラマはどこに向かっていくのか、次回も見逃せません。

 

moca

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ