【女囚セブン】第2話 金曜 23:15~ テレビ朝日系列

「後妻業毒婦の本当の顔」

花園女子刑務所では受刑者たちの絆を深めるために「獄中ダンス大会」が開かれることに。

 

琴音(剛力彩芽)たち共同室のメンバーはやる気がない口ぶりだったが、優勝賞品が大量のお菓子と雑誌のインタビューと聞いて、一致団結する。

 

謎の人物から指令を受けて琴音の男について探り始める後妻業の女桜子(平岩紙)。

 

自分の過去のモテ自慢話を披露しつつ、琴音の殺人罪について聞き出そうとするが、琴音ははぐらかす。

 

そして琴音の視線の先には謎の監視カメラが?

 

ダンス大会に向けて「宝塚ファン」の楠瀬司(山口紗弥加)の指導のもと、桜子をセンターに練習を積む7人。

 

ついに迎えた大会当日、桜子の応援団や琴音の置屋の女将一条涼(梶芽衣子)、内藤裕次郎法務大臣(高嶋政伸)などが見守る中、順調に進んだかのように見えたが、琴音たちの番でトラブルが…。

 

ダンス大会後、桜子は琴音に詰め寄るものの、隠していた本当の自分の過去について暴かれてしまう。

 

最後に琴音は「罪は犯すやつじゃなくて犯させるやつが悪い」と語り、桜子は「そんな事言われたの初めて。ありがとう」と涙を流す。

 

豪華メンバーでのダンスでした。

 

タップダンスのシーンはなぞですが、女囚役ということでナチュラルメイクの剛力彩芽ちゃんはかわいいです。

 

今回は1話の安達祐実のセーラー服に続いて、平岩紙さんの女子高生姿が披露されましたがネットでは不評のようですね。

 

個人的にはファブリーズのCMの印象が強い平岩さんが、今回後妻業の毒婦という役どころでCMに影響はないのか気になります。

 

次週はトリンドル玲奈ちゃんのエピソードのようです。

 

来週も見逃せません。

 

moca

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ