【女囚セブン】第5話 金曜 23:15~ テレビ朝日系列

「黒幕の正体」

花園刑務所では更生プログラム強化週間がスタートし、被害者の気持ちに寄り添い再犯を防ぐと言うテーマで「オレオレ詐欺」の実演講習が行われる。

 

それぞれ犯人役と被害者役に分かれてチームを組み台本を読むが、うめ(木野花)は演習で「加害者の家族も被害者だ」と熱くなる。

 

うめの認知症のような症状がますますエスカレートしていると心配そうにする囚人たち。

 

そんな中うめは夫と義姉だけでなく「もう一人殺した」と言い出し、百鬼目(宍戸美和公)に聞かれやしないかと焦る奈津(安達祐実)たち。

 

実習中に声を出していないと、うめと琴音(剛力彩芽)が百鬼目に注意を受け呼び出される。

 

百鬼目は琴音に一条(梶芽衣子)もうめも救えるのはお前だけと脅すが、琴音は百鬼目に指示を出しているうめに気付いていて…。

 

→見逃し配信中←

 

うめは家族を盾に法務大臣内藤裕次郎(高嶋政伸)に、琴音と司(山口紗弥加)を監視させられていたのだった。

 

しかし琴音はうめが内藤にだまされていることを暴き、自分と一緒に戦ってくれと頼む。

 

一方、一条の置屋の玄関先にはなぞの大金が届く。

 

「うちらも大きなどす黒い渦に巻き込まれてしもうたようやな」と呟く一条。

 

そしてテレビでは内閣総理大臣辞任のニュースが流れ…。

 

今回はお決まりの「罪は犯させるやつが悪いんや」が通じないパターンでした。

 

ベテラン女優、木野花さんの演技力のせいか、いつもより迫力のある回でした。

 

来週は最後のメンバー楠瀬司の正体が明らかになるようです。

 

今回黒川の手帳の謎も明らかになり、総理大臣が辞職することで琴音たちはどうなっていくのでしょうか。

 

来週も楽しみです。

 

moca

 

→見逃し配信中←

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ