益若つばさがハーリー族で1000億円!深瀬ときゃりーを破局させた?

 

3月3日放送の「櫻井有吉アブナイ夜会」に益若つばささんが出演されます。

放送では今では1000億円もの経済効果を生むとまで言われている益若つばささんに強く貢献しているハーリー族についてピックアップされます。

一体ハーリー族とは何者なんでしょうか?

 

また最近よく、深瀬さんとの熱愛報道が流れますよね~。

実は深瀬さんの元カノ・きゃりーとの破局した原因は益若つばささんだという噂があります。

その辺も含めて色々とお送りしてまいりたいと思います!

益若つばさの経済効果は1000億円!?その影にあるハーリー族とは?

10億、100億の経済効果を生み出しファッションカリスマと呼ばれる益若つばささん。

そのカリスマ性は管理人の知らないところで飛躍し続けていたのですね!

今ではその経済効果は何と1000億円に上ると言われています。

 

ホントかな?と思ってちょっと調べてみました。

益若つばささんは現在、EATME・CandyDoll・Dolly Winkの3つのブランドをプロデュースしています。(これだけでも凄い…)

そしてDolly winkのアイラッシュシリーズだけで1000万個の販売実績を誇っています。

これだけでも計算する約130億近くの売上ですよねね。

 

他の商品やブランドも評判が良く、成功している感じでしたし、確かに3つのブランドの販売実績を合わせれば1000億近くになりそうな感じでした!

→実際の売上は500億ほどで、経済効果は約2倍して算出するので1000億円だそうです。

ハーリー族とは?

ハーリー族は日本の流行・ファッション・ブランド等にに目がない人達、中でも特に若い世代の人達を指します。

 

語源や由来に関してですが、ハーリー族を漢字で書くと、哈日。

哈日は台湾語の哈(意味:欲しくてたまらない)に日本の日が組合わさって出来た言葉で、“日本が好きでたまらない”という意味になります。

 

またハーリー族を産んだきっかけは日本のアニメやドラマが台湾に浸透したことにあるそうです。

そこから日本の流行やブランド、ファッションに強い関心を持つものが若者の世代で一気に増加し、ハーリー族と言われるようになりました。

 

また広義の意味では、台湾人だけではなく、中国人も含まれます。

セカオワ深瀬ときゃりーの破局の原因は益若つばさだった?

--Sponsored Link--

 

セカオワ深瀬さんと益若つばささんのラブラブっぷりはもはや有名な話ですが、深瀬さんがその前にきゃりーぱみゅぱみゅと付き合っていたのも有名な話。

当時深瀬さんときゃりーの破局には色々な憶測が飛び交いましたが、当時有力だった説は以下の2つです▼

  • 深瀬と同メンバーのサオリ(元カノ)との復縁
  • きゃりーがNEWSの手越と浮気。

こちらに関して詳しく知りたい方は関連「きゃりーと深瀬が復縁?ベストアーティストで髪色が同じ!別れた理由」をどうぞ御覧ください。

 

しかし、深瀬さんと益若つばささんの熱愛デートが2015年12月25日のフライデーで発覚したことで、第三の可能性が浮上しました!

 

深瀬さんときゃりーが破局したと言われるのは、同年8月頃。

そして実は深瀬さんと益若つばささんのデートは12月のフライデー発覚より前に度々報告されています。

早いものでは9月16日に沖縄デートが目撃されています。

噂の目撃ツイートはこちら

これが本当なのであれば、深瀬さんはきゃりーと破局してすぐに益若つばささんと交際していた可能性が高いですよね~。(もしくは被っていたかも?)

所謂新しく好きな人が出来たからという展開パターンが伺えます。

きゃりーと益若つばさは親友?

益若つばさ 深瀬 破局

きゃりーと益若つばささんはお互いのツーショットをSNSで挙げたりしたり、家族ぐるみでの付き合いがあったりと深い交友関係にあったそうです。

つまりきゃりーを通じて深瀬さんは益若つばささんに近づいた可能性も高いですよね。

 

顔のタイプもかなり近いですし、歳も近い益若つばささんの方がウマがあって気持ちが移ってしまった感じでしょうか?

 

真相は分かりませんが、きゃりーは過去に元カレ・鈴木勤を親友である元AKB48の小野恵令奈に奪われた過去があるので、これで二度目の親友の裏切りになります。

 

これは人間不信になっても仕方がない?

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ