P-GO SEARCHも停止!代わりのアプリ「Go Radar」の使い方は?

P-GO SEARCH 代わり Go Radar

ナイアンティックが本腰を上げてきており、APIを使ったマップ機能を全て停止する処置をとったことで、Pokewhereの復旧も虚しく散り、P-GO SEARCH他、生き残っていたサービス達も全滅しました。

しかし、それでもまだ探索アプリは存在するので、紹介したいと思います。

※アプリの使用は自己責任でお願いたします。

 

最終更新日:2016年10月8

  • P-GO SEARCHもPokewhereも復活。(8/9)
  • P-GO SEARCHの表示に異変が?(9/29)
  • P-GO SEARCHハレー彗星の影響で完全停止。(10/08)

関連記事「P-GO SEARCHも対策で使えなくなった?メンテナンスで表示されない?」

--Sponsored Link--

 

「Go Radar」の使い方を紹介

実はまだ稼働しているアプリがありました。

その名も「Go Radar」。

対応しているのはiOSのみなので、アンドロイドの方は残念ですが使用できません。

※Web版もありますが、アクセス過多で現在停止中。

 

iOS版アプリのインストールはコチラからどうぞ

 

◆使い方

地図の地点を動かすと、自動で周囲のポケモン出現状況が表示される。

ズーム度合いによっては、ポケモンの数が数字で表示される。

Go radar 使い方

ポケモンをタップすると、逃走までの時間と現時点からの距離が表示される。(設定で常に表示にも出来る)

Go radar 使い方

Favorite Pokemonを設定し、Show only favoriteをONにすると、設定したポケモンだけの表示が出来る。

Common Pokemonを設定し、Hide CommonをONにすると、設定したポケモンだけの非表示が出来る。

Notification(お知らせ)で、指定したポケモンの出現の通知を受け取ることが出来る。

Go radar 使い方

画面右下の虫眼鏡アイコンを押すと、自分のいる地点か近い順にポケモンの一覧が表示される。(一部個体値が表示されるポケモンもいる。左からAtk:攻撃力・Def:防御力・Stm:体力)

Go radar 使い方 Go radar 使い方

右上のFilterで指定のポケモンだけの表示も出来るので、目当てのポケモンが近くにいるか一目で分かる。

 

精度は間違いなし。

 

◆欠点

  • Notification(お知らせ)で通知するポケモンが多すぎると処理過多で落ちる。
  • ポケモン密集地は動作が重くなる。
  • ポケモンの表示が慣れるまでは少々見分け辛い。
  • 場所によっては表示数が少ない。
  • ポケモン表示が不安定。
  • “pokestop””Gym”の表示をonにしても表示されない。

PokewhereやPokevisino等と違って、公式サーバにアクセスしない手法を取っているらしいので、停止の可能性は低いのが強みです。

今のナイアンティックの勢いなら潰しに来そうですが。。。

 

ただ、サーバーにアクセスしないということはプレイヤーから情報を抜いているのかな?

仕組みが謎です。

ちょっと危険な香りもします。

POKEDOKO(現在停止中)

p-go search 代わり pokedoko

webサイトのみ。

サイトはコチラ

 

ポケモンの過去の出現場所を解析して、エリア毎に実際に出たポケモンを表示。

現在はポケモンの種類だけ絞ることが可能。

いくつか、既に判明している巣と照合して一致が確認できたので、精度は大丈夫だと思われる。

 

今後下記のようなサービスも実装予定とのこと▼

  • 場所ごとの詳細な絞り込み機能
  • 複数のポケモン、レア度などでの絞り込み機能
  • よく出る時間帯などの分析機能

まだ主要都市だけの表示みたいですが、今後拡大していくとのことです。

 

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ