PokeWhereは復活する?iOSやアンドロイドのアップデートはいつ?

7月30日のポケモンGOのアップデートに合わせて、今までグレーゾーンだったポケモンの出現場所を教えてくれるwebサービス・アプリが対策され、pokevisionを筆頭にほぼ全滅しました。

pokevisionの復活の見込みは薄いと思われますが、同精度を誇るpokewhereの復活は期待できそうです。

iOS・アンドロイドのアップデートがいつになるのでしょうか?

 

最終更新時刻:8月10日

  • 復活していました。
--Sponsored Link--

 

PokeWhereは復活の見込みあり?

pokevisionの方は直接怒られたこともあってか、復活に関してはかなり消極的で、見込みは薄いと思われます。

関連記事『Pokevisionが使えなくなった理由はアップデート対策?復帰はいつ?』

 

一方でpokewhereは復活に対して積極的な姿勢を見せています▼

内容は「完全には約束は出来ないが、1,2日でiOSとAndroidそれぞれ完全に機能するバージョンをアップする」とかなり頼もしい内容。

実際に既に、iOSの方は少し回復しており、ほんのわずかだがポケモンが表示されることが確認できました▼
pokewhere 復活

アンドロイドの方は4.x系は強制終了されるという不具合が起きつつも、アップデート版がPlaystoreで既に配信されています。

海外では既に復活したという声も▼

非常に頼もしいですが、次は確実にpokewhereが怒られることになるでしょう笑

iOS版とアンドロイド版のアップデートはそれぞれいつ?

気になるアップデートはいつかということですが、既にアンドロイド版はアップデート済みです。

→最新版はこちらからインストール

現在アンドロイドには未対応のようです。

 

iOS版は8月1日AM10時時点では、まだ開発中とのことで、近いうちにアップデートされる見込みです、

早ければ8月1日中に配信されると思われます。

【追記】

  • 8月10日10時頃:いつのまにか復活していました!インストールはこちらから→PokeWhere – Live Radar Map for Pokemon GO
    情報全然チェックしてなくてすみません。

    Play storeには見当たらなかったので、恐らくiOSのみかと。
    ただ無料版の機能はちょっと下がってます。(proにしないとポケモンのフィルター掛けれないとか)
    pokewhere 復活

  • 8月4日17時頃▼

    PokeWhereも撤退するようです。
    ポケモンは自力で探しましょう!

    しかしホント開発者の皆さん、ホントお疲れ様でした。
    不正アプリではあるものの、仕事への真剣な取り組み様は素晴らしかったです。

  • 8月4日10時頃▼

    ナイアンティックはアプリの通信手段を変更し、pokewhereでアップデートされたマップは破壊されたとのこと。いきなり絶望的に。
    それでもまだアップデートをする意志はあるようです。不屈の闘志。

  • 8月4日5時:P-GO SEARCH、その他のサービスも動かなくなり、雲行きが怪しくなる。
  • 8月3日14時頃▼

    あとはアップルの審査待ちということですね。いよいよです!

  • 8月2日21時頃:72時間ノンストップで、アップデートの為に働いているそう。既に完成間近であり、新しい情報が出来しだい、ツイートしますとのこと。
  • 8月2日14時頃:完全に機能を修復し、最後のハードル超えるためのjava scriptを知っている人の招集をツイッターで呼びかける。
    完成は近い?
  • 8月2日10時頃:約束はできないが、今日中に”App and Play store”にアップデートを上げられるかもしれないとツイート。

関連記事『Pokevision(ポケビジョン)停止で代わりとなるアプリと使い方紹介!』

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ