色素沈着を予防して美白に!ケア方法と有効成分を解説!

お肌のお手入れしている時ふと、シミやそばかすなどの色素沈着を見つけると、本当にがっかりしますよね。

しっかりと紫外線予防をしていても、いつの間にかできていることもありますね。

それは、正しく予防ケアができていないのかもしれません。

そこで、色素沈着を予防するケア方法と有効成分について調べました。

そこでわかったことは、正しいケアをすれば、色素沈着は改善する!ということです。それでは詳しく解説していきますね。

1. 色素沈着はなぜ起こるのか

しっかりとケアしているつもりでも、いつの間にかできている色素沈着はなぜ起こるのでしょうか。

その主な原因は以下の2つ。

紫外線

紫外線がお肌のメラノサイトという細胞を活性化し、メラニンを作ってしまうのはもうご存知ですね。

色素沈着の原因の主なものの一つです。

ニキビ跡

メラノサイトを活性化してしまうのは、紫外線だけではありません。

ニキビによって肌に炎症が起こるとアクネ菌に対抗するために活性酸素が大量に発生してしまいます。

この活性酸素もまた、メラノサイトを活性化してメラニンの過剰生成を促してしまうのです。

紫外線には気を付けているのに、いつの間にかシミができている人は、このタイプの人が多いようです。

他にも、アトピーや肌への摩擦などもメラニンを生成する原因になりますが、多くの人のお肌を悩ませているのは主に前述の2つが原因です。

2. 色素沈着に有効は成分はなに?

では、色素沈着にはどんな成分が有効に働いてくれるのでしょうか。

ビタミンC誘導体

美白といえば、この成分といっても過言ではないくらいメジャーな美白成分の一つです。

ビタミンCはメラニン色素を合成するチロシナーゼ酵素の働きを阻害し、メラニン色素そのものを薄くしてくれる「還元作用」があります。

なので、上記の色素沈着も主な原因の二つに有効な成分です。

ハイドロキノン

美白成分としてはかなり注目のハイドロキノンです。

肌の漂白剤とも言われるほど、効果の高い成分になります。

ただし、安定しないものはお肌への刺激も強いので低濃度で安定型の化粧品を選ぶ必要があります。その点と、使用方法を守ればお肌の救世主になってくれる美白成分です。

プラセンタエキス

プラセンタといえば、アンチエイジングや保湿じゃないの?と思われるかもしれません。

確かに、そちらにも有効な成分なのですが、プラセンタにもメラニン色素を合成するチロシナーゼ酵素を阻害する働きがあります。

また、お肌のターンオーバーも促してくれる成分なのでメラニンの生成を抑え、さらにターンオーバーでメラニンを排出してくれる効果があります。同時にお肌のハリも良くなるので、大人の女性には欠かせない成分ですね。

3. 色素沈着を予防する正しい美白のケア方法は?

では、色素沈着に有効な成分が分かったところで、正しい美白ケアの方法とはどういったものなのでしょうか。

まずは、保湿

色素沈着の予防と、保湿は一見関係のないもののように見えますがそうではありません。

肌に潤いが足りないと、バリア機能が低下してしまいます。バリア機能が低下すると少しの紫外線でも肌にダメージが加わり、メラノサイトが活性化してしまいます。

潤いが十分でないと、色素沈着のもう一つの原因であるニキビの炎症も起きやすくなるのでしっかりとした潤いケアが必要です。

また、しっかり潤ったお肌はターンオーバーも正常に行われるため、余分なメラニンを排出してくれます。

やはり、きちんと潤ったお肌は美肌の第一歩のようですね。

美白成分を正しく使う

しっかりとお肌に潤いを与えたら、次に前述の美白成分を投入します。

色素沈着の「予防」に有効でおすすめなのはビタミンC誘導体とプラセンタです。

特にプラセンタは保湿やアンチエイジングも同時に行ってくれるのでぜひ取り入れて頂きたい成分です。

サプリメントで採ってもいいかもしれませんね。

ビタミンC誘導体は、少し刺激が強く肌が乾燥するので保湿できる化粧品との併用が良いですよ。

すでにできてしまった色素沈着を何とかしたいなら、ハイドロキノンがおすすめです。

以前は皮膚科での扱いが主でしたが最近では低濃度の安定型ハイドロキノン配合の化粧品も出ています。

ハイドロキノンはメラノサイトに直接作用するので、シミに即効性があり、人気です。

ただし、ハイドロキノンは効果の高さに比例してお肌への刺激も強いので敏感肌の人は注意してください。

ハイドロキノン配合の化粧品を使っているときのお肌は紫外線に特に敏感になっている状態なので、しっかりとしたUVケアをしないといけません。

ハイドロキノン配合の美容液に「夜用」が多いのもこの理由が強いです。

効果はかなりありますが、だからといって夜用の美容液を昼に使うのはやめてくださいね。

4. まとめ

いかがでしたでしょうか、色素沈着の予防のケア方法と有効成分でした。

美白成分は保湿とセット、そして使用方法を正しく守ることが重要です。

メラニンを増やさない、そしてターンオーバーで排出する、が基本でしたね。

正しくケアして、色素沈着のないお肌を目指しましょう!

色素沈着やシミに効果的な化粧品選びについては、別記事「シミを薄くするおすすめの美白化粧品20選」を参考にしてくださいね。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ