そばかすに効果的な美白化粧品って?選び方のコツとポイント

実は色の白い人ほどそばかすに悩まされている人は多いです。白人のハリウッド女優さんにもそばかすがある人がいますよね。

大きなシミも嫌ですが、細かく頬全体に広がるそばかすも何とかしたいものです。

そこで、そばかすに効果的な美白化粧品と選び方のコツとポイントをご紹介します。

1.そばかすとは

そもそも、そばかすとはどういったものなのでしょうか。

先天的なそばかす

遺伝的なものが多いそばかすです。

主に思春期に増えると言われていて、思春期を過ぎると消える人もいます。

後天的なそばかす

原因は様々ですが、紫外線による刺激や肌に負担となるスキンケア方法、ミネラル不足、睡眠不足などの原因でできると言われています。

とくに、大人になってできてしまったそばかすは自然に消えることはないのでケアが必要です。

そばかすができる過程としては、普通のシミとあまり変わりありません。

紫外線やストレスといった外的刺激によって肌を守ろうとメラニン色素が過剰に生成され、それが排出できずに肌に滞留した結果、シミやそばかすとなってしまいます。

2. そばかすに効果的な化粧品選びのポイント

では、そんなそばかすに効果的な化粧品はあるのでしょうか。

出来てしまったそばかすをケアするには、メラニンの生成を抑制し、排出することが重要です。

美白有効成分でメラニンの生成をしっかりと抑え、ターンオーバーによって排出していきいます。

これは、シミやそばかす対策の基本ですのでしっかり頭に入れておきましょう。

また、このメカニズムを助けてくれる化粧品を選ぶことも重要です。

シミ・そばかすケア化粧品選びのポイントは、

ハイドロキノン、ビタミンC誘導体が配合されているかをチェックしましょう。

ハイドロキノンとは、以前から皮膚科で美白治療に使用されてきた肌の漂白剤とも呼ばれる美白成分です。

メラニンの生成を抑えるだけでなく、メラニンを生成するメラノサイトやメラニン色素に直接作用するので効果が高いと言われています。

最近では市販の化粧品でも配合されるようになってきた人気の美白成分です。

ビタミンC誘導体はもともとメジャーな美白有効成分で、こちらもメラニン色素のケアに欠かせない成分となっています。

ただ、どちらもメラニンのケアには優秀な効果を発揮しますが肌が乾燥するというデメリットがあるので保湿成分も同時に配合されている化粧品を選ぶことをおすすめします。

3. そばかすに効果的なおすすめの化粧品

そばかすに効果的な化粧品のポイントが分かったところで、それを踏まえたおすすめの化粧品をご紹介します。

アンプルール ラグジュアリーホワイト

(公式サイトより http://www.ampleur.jp/p/l/w/203018.html )

新安定型ハイドロキノン配合の美白化粧品です。

ビタミンC誘導体も配合されており、さらにセレブロシドなどの保湿成分もバランスよく配合されています。

ハイドロキノンやビタミンC誘導体の乾燥するというデメリットもカバーした美白化粧品です。

アスタリフト ホワイトシリーズ

(公式サイトより https://shop-healthcare.fujifilm.jp )

美白成分として、アルブチン、またはビタミンC誘導体を配合しています。

こちらも乾燥対策として三種のコラーゲンやヒアルロン酸が配合されています。

くすみやしみ、そばかすだけでなくハリなどのアンチエイジング効果もあるので大人の女性でそばかすをケアしたい方におすすめです。

ビーグレン ホワイトケア

(公式サイトより http://www2.bglen.net )

ドクターズコスメのビーグレンの美白ラインもそばかすケアにおすすめです。

こちらも、ハイドロキノン、アルブチン、ビタミンC誘導体と美白有効成分がたっぷりと配合されています。

できてしまったシミやそばかすに効果があると口コミサイトでも人気です。

保湿成分にはヒアルロン酸やコラーゲンも配合されています。

さらに、ターンオーバーを促進する成分であるヒトオリゴペプチドも配合されているのでメラニンの抑制と排出できる肌に導いてくれます。

4. まとめ

いかがでしたでしょうか。そばかすに効果のある化粧品選びとポイントでした。

シミに直接作用する成分が配合されていて、ターンオーバーを促進するように保湿も同時に叶う化粧品を選んでくださいね。

そばかすのケアはすぐには効果が出ませんが、コツコツと続けることが大切です。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ