[ 奪い愛、冬] 第5話 金曜 23:15~ テレ朝系列

「光の気持ち」

 

 

光(倉科カナ)と蘭(水野美紀)の前で「ずっと光のことが好きだ」と言ってしまう信(大谷亮平)を見ていた康太(三浦翔平)は、カッとなって信に殴りかかる。間に入った光がその勢いで壁にぶつかって気絶し病院へ。康太は警察に連行され、会社も謹慎処分となる。

 

自宅で蘭は信に精子を冷凍保存する書類にサインさせる。次の日蘭が起きると信はおらず、指輪とごめんと書いたメモが残されていた。

 

嫉妬心が膨らんでいく康太は、退院した光に手錠をかけ監禁しようとする。そして謹慎中に婚姻届けを提出しようと役所へ連れて行く。迷った気持ちを抱えたままの光は、コンペが終わるまで待ってくれと頼む。

 

コンペは光の会社が勝ったと連絡が入る。喜ぶ社員たち。しかしそこへ蘭が現れて、光の不倫について告白し、コンペを開催した会社にクレームを入れ、不倫の証拠となる動画をネットに流すと脅す。仕事を辞めるか信と二度と会わないかの選択を迫られた光は、皆にごめんと告げ蘭に「信さんが好き」と言って仕事を辞めることを選ぶ。

 

思い出の場所で再会した信と光は、抱き合って互いの気持ちを伝える。しかし信の体は病におかされていて…。

 

今回は特に康太の壊れ方が際立っていました。会社で不倫の事実を公表されて、不倫相手の奥さんに「自分の気持ちにウソをついて幸せのふりをするのが一番不幸」と言い切り、仕事を辞めて不倫相手の元へ走る光が一番怖いと思いました。蘭さんは行動は奇抜ですが、夫を横取りされそうな妻と思うと意外と普通かもしれません。意外にもあと2話で終わりなんですね。次回も怒涛の展開に目が離せません。

 

 

moca

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ