[ 奪い愛、冬] 第6話 金曜 23:15~ テレ朝系列

「蘭の秘密」

 

 

ようやく二人で抱き合える喜びを感じる光(倉科カナ)と信(大谷亮平)。病院から呼び出された信は、医師から膵臓にがんがあり手術はできず、早くて余命2、3か月と宣告される。

 

婚約破棄を申し出た光を許したように見えた康太(三浦翔平)。しかし康太は縁切り神社で光と信の破局を祈るのだった。その様子を見ていた信の妻蘭(水野美紀)が康太に声をかける。蘭は康太に、私たちは誰かの不幸を望んでいるわけでなくて、自分たちの幸せを望んでいるだけ。信に愛していると言って欲しかったと涙を流す。

 

康太は蘭の秘密を暴こうと蘭の跡を付ける。蘭がお金を渡していた男の元へ行き、蘭とどういう関係かと尋ねると、500万円要求される。康太は母にお金を無心し、男から蘭の秘密を聞き出す。

 

以前初めて二人でデートしたスケート場に行った光と信。しかしそこで信が倒れて病院へ。信は自分の病気について光に告白する。自分は光を幸せにできないから、康太のところへ行けという信。しかし光は残りの時間が少ないなら、信と昔行った思い出の場所で過ごしたいと旅館を手配する。蘭は凍結した精子で体外受精に成功したことを信に告げるが、誰のことも幸せにできないから俺は消えると電話を切る。

 

空港にいる信を探し出した康太。そこへ光と蘭も現れ、4人が集まったところでついに康太が蘭の秘密を暴く!

 

蘭の秘密はやっぱりというところですね。不倫の末に会社にも迷惑をかけて自分の気持ちを押し通す光より、夫に愛していると言って欲しかったと涙する蘭に感情移入してしまいました。蘭は最初異常な妻に見えたのに、不思議なドラマです。次回で最終回です。まさかの大どんでん返しという予告でしたが、ラストはどうなるんでしょうか?!

 

 

moca

見逃しちゃったなら!→u-next

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ