[ 奪い愛、冬] 第3話 金曜 23:15~ テレ朝系列

「恐怖の「ここにいるよ」」

 

 

光(倉科カナ)は同僚で婚約者の康太(三浦翔平)と、熱海へ温泉旅行に出かけることにする。 元カレ信(大谷亮平)に心揺さぶられる光は、自分を幸せにしてくれるのは康太だと自分に言い聞かせる。

 

一緒に温泉に入り、子供が欲しいという康太に光はいいよと答えるが、そこへ突如同じ職場の同僚秀子(秋元才加)の告げ口により、康太の母・美佐(榊原郁恵)が現れる。 二人の結婚を猛反対する美佐は、結婚前に子供を作るのは大嫌いだからやめてと二人に釘をさす。

 

一方蘭(水野美紀)は信を連れて思い出の場所に行きたいと、自分が通り魔に刺された場所に信を連れて行き、信の事は恨んでいないと繰り返す。 その後、蘭との結婚のため突然辞職することになった、信の前の職場アッパーワークスに挨拶に行くことに。 突然会社に訪れた蘭と信に驚く光。

 

過去に光にフラれた事を根に持っている部長の武田玄(三宅弘城)は、会社の飲み会に信を誘う。 そこで信が忘れていったハンカチを、翌日会社に届ける光。 しかし信の体調が悪いことに気が付いた光は病院から自宅まで信に付き添い、蘭のいない自宅で二人はキスしてしまう。 しかしクローゼットに隠れていた蘭が現れて…。

 

今回はキスする二人の前に蘭が勢いよく登場するシーンが、すごく怖かったです。 ドロキュンどころかほとんどホラーのようです。 自分だったらどれだけ元カレが好きでも、こんなに怖い妻がいる男性には近寄らないと思います。 今後も蘭の光への攻撃は過熱していくようです。 康太の異常な変貌ぶりも、今までに見た事ない三浦翔平くんだと思います。 次回は4人で恐怖の旅行に出かけます。 どんな怖いことが起こるのでしょうか。

 

 

moca

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ