[ 奪い愛、冬] 第7話 金曜 23:15~ テレ朝系列

「冬の終わり」

 

 

一人で旅立とうとする信(大谷亮平)を追って、空港に集まった康太(三浦翔平)と光(倉科カナ)と蘭(水野美紀)。そこで康太は蘭の秘密を暴く。動揺する蘭。しかしそこで信が吐血し病院へ。

 

驚いた蘭は、信の病状について光に問いただす。信が末期のがんであることを知った蘭は、秀子(秋元才加)と共に信を車いすに乗せて連れて帰ろうとする。追いかけてきた光と康太の前で、信は蘭に本当のことが知りたいとし、蘭は妊娠がうそだったこと、本当は歩けること、通り魔は自作自演だった、それほど愛していたと告げる。すると意外にも信は蘭を連れて、光の前を去る。

 

二人きりになった信と蘭。信は今までありがとう。二人の時に最後のお礼がしたかったと信が告げると、蘭は発狂するが信は蘭の元を去る。

 

康太を呼び出した信。康太に光を呼び出して欲しいと頼む。そんなことできるわけないと言う康太だが…。

 

海の見える丘の一軒家で、ようやく二人の時間を手に入れた信と光。そんな中光が妊娠する。信は今日の風景を描きながら、子供の名前は春にしようと微笑む。季節は春なのに季節外れの雪がちらつき、信は光の側で人生を終える。

 

一年後、康太の元に信から手紙が届く。そこには光を応援してくれと書かれており、康太は光を訪ねる。光は在宅でデザインの仕事をしながら子育てをしていた。康太が帰ったあと、光さんと呼ぶ声に振り向くと、そこには大きいお腹の蘭がいた。

 

最終回でした。7話なので短い感じがしますね。このドラマは蘭役の水野美紀さんあってのドラマだったと思います。最終回も本当は歩けると告白した後にサポータを外していきなり走り出したり、怖いけど面白くて一途で個性的なキャラクターでした。ネットでは続編が見たい、ドラマが終わって寂しいなどの声があがっています。

 

 

moca

見逃しちゃったなら!→u-next

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ