ユニバ「トラウマ2」のネタバレ・怖さを感想から予想!虫は出る?

トラウマ2 ネタバレ

出典:USJ公式サイトより

2016年のユニバ・ハロウィンホラーナイトに昨年多くの参加者を恐怖に陥れた「トラウマ~最恐実験病棟」がパワーアップして帰ってきました。

その名も「トラウマ2~最恐実験病棟」。

果たして今回はどのようなトラウマを植え付けられるのでしょうか?

 

既に実際に参加した人達の感想を元に内容をネタバレ予想していきたいと思います。

今年も生きた虫は出るのか?

--Sponsored Link--

 

ユニバ・トラウマ2の内容を感想からネタバレ予想

「トラウマ 2 ~最恐実験病棟~」は誓約書により”ネタバレ禁止”なので、その禁止事項を破らない程度に参加した方からの感想を参考に気になりそうな内容についてネタバレ予想していきます。

 

◆完全拘束によるVRアトラクション

トラウマ1はウォークスルー型のアトラクションでしたが、トラウマ2は個室で手足を拘束され、VRを装着しての視覚型アトラクション。

体の自由が効かなくなる分、恐怖度は上がる?

VRのクオリティはかなり高いとのこと。

 

◆”デッドマン・スイッチ”システムとは

トラウマ2 ネタバレ

出典:USJ公式サイトより

アトラクション開始と同時にデッドマンスイッチというものを手に握らされ、失神し、スイッチを離したら、アトラクション停止とのこと。

失神する可能性がある要素が組み込まれているということは認識しておこう。

ただスイッチを押しっぱなしなので手が疲れるみたい。

 

◆怖さはどのくらい?

ホラーレベルは前回と同じく、全アトラクション中最高のLv.10であるが、トラウマ1の方が圧倒的に怖かったという感想が多かった。

VRメインなので、昨年のようなリアルさを求める人には物足りない可能性も。

また怖さよりもグロさが目立つとのこと。

 

◆生きた虫は出ない?

特殊効果に”生きた虫””接触”という項目はあるが、トラウマ1みたいに実際に触らされるような演出がありそうな感想は見受けれられなかった。

VR付けているので、気づいてないだけで、触れさせられいるかもしれないけど。。。

 

◆臭いがキツい?

臭いが結構キツいという感想が比較的多かった。

お気に入りの服は着て行かないほうがイイかも?

 

◆トラウマ1に無かった気になる注意事項

  • 低周波治療器の使用

電気を流される?

  • 先端恐怖症

ターミーネーター3Dみたいに額に針を突きつけられる系統の演出が苦手な人には辛い演出が予想される。

  • 高所恐怖症

“座席の動き”という特殊効果や”足元が不安定な場所があります”という注意事項があることや、以下の感想から急に落ちるような演出が予想される。

 

情報が不明確な部分に関しては、分かり次第追記していく予定です。

トラウマ2の料金・チケット在庫などの基本情報まとめ

最後に「トラウマ 2 ~最恐実験病棟~」に参加するにあたって必要な基本情報をお送りしてきます。

 

◆専用チケットが必要

トラウマ2に参加するにはUSJの入園チケットとは別にトラウマ2専用のチケットの購入が必要となります。

チケットにはトラウマ単体パス(税込2500円)と、他のホラーアトラクションも入れるホラー・ナイト・エクスプレス・パス 5 ~トラウマ セット~(税込6900~8100円)の2種類あり、エクスプレス・パスの方は日によって価格が変動するのでご注意下さい。

 

チケットは当日でも買えますが、売り切れている可能性が高いので、遅くとも前日までの事前購入をおススメします。

また体験時間が決まっているので他のアトラクションとの時間のバッティングにご注意下さい。

購入はコチラからどうぞ。

 

◆場所

トラウマ2 場所

出典:USJ公式サイトより

ステージ18がある場所。

(入場ゲートくぐってスグ左折)

 

◆その他

  • 入り口付近ロッカー有り。
  • R15指定。
  • アトラクション参加前に誓約書のサインが必要。

 

注意事項はコチラからご確認下さい。

(ページ下部、トラウマ2の項目より”注意事項”を選択)

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ